補助金を申請してリフォーム

>

補助金の種類を調べよう

バリアフリー機能が付いた住宅

階段の段差を低くすると、高く足を上げなくても良いので足が弱っている高齢者でも簡単に上れます。
また廊下に転ばないように手すりを付けたり、車イスでも快適に移動できるように廊下の幅を広くしても良いでしょう。
それらは、バリアフリー機能に該当します。
すると補助金を申請できるので、リフォーム代の負担を削減できるでしょう。

自分は健康でも一緒に暮らす家族に高齢者がいる場合は、バリアフリー機能を付けておきましょう。
まだ足腰に異常が見られないかもしれませんが、これから起こることが考えられます。
何度もリフォームするわけにはいかないので、この時に必要な機能を考えるのがおすすめです。
高齢者から意見を聞いて、住宅のデザインを決めましょう。

スタッフに相談しよう

どんなバリアフリー機能があれば良いのかわからなくなったら、詳しい知識を持っているスタッフに聞いてください。
リフォーム会社のスタッフは住宅に関する知識を豊富に持ち、アドバイスをしてくれます。
人気の高いバリアフリー機能や、低予算でも追加できる機能などを聞きましょう。
またスタッフと一緒にリフォームのデザインを決めることで、すぐに修正できるメリットがあります。

自分はこんなバリアフリー機能が欲しいと思っても、住宅の構造的に実現できないかもしれません。
スタッフに指摘されたら、すぐ修正してください。
しかし代わりの意見をスタッフが出してくれるので、理想を叶えることはできるでしょう。
こちらの意見を、理解してくれるスタッフに相談してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る